大人ニキビと思春期ニキビではニキビができる原因と場所が異なります

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違いを理解する

年代別ニキビの違い

男・彼氏の大人ニキビケア ニキビには、大人ニキビと思春期ニキビがあり、それぞれ原因とできる場所が異なります。では、大人ニキビと思春期ニキビの違いとは何の違いがあるのか理解しておきましょう。

大人ニキビと思春期ニキビ

★大人ニキビとは?

大人ニキビとは、思春期を過ぎて大人になってからできるニキビのことです。大人ニキビができる原因はひとつに絞ることはできません。それには、不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、化粧品、スキンケア、ホルモンバランスなどざまざまなことが要因として考えられるからです。特に、ストレスや不規則な生活習慣がお肌のターンオーバーを乱し、大人ニキビに直接影響を与えていると言われています。このターンオーバーとは、新しい細胞と古い細胞の皮膚の生まれかわりのサイクルのことです。正常な場合は約28日周期で入れ替わる、お肌の新陣代謝のサイクルと言うことができます。このターンオーバのリズムは、個人差があるので人によって異なりますが、このリズムが乱れてしまうと、古くなって角質が溜まってしまい、角質全体がどんどん厚くなってしまいます。そして、毛穴が狭くなって詰まりやすくなってしまうという状態になってしまいます。その結果、大人ニキビへとつながってしまうのです。大人ニキビの多くの場合、その原因はストレスや睡眠不足、生活習慣など、継続的なものと関わりがあるので、それらの要因が改善されない限り、なかなか治らず繰り返しニキビが発生してきます。大人ニキビは思春期ニキビに比べ、ニキビ跡として残りやすいので、ニキビを治すだけでなく、繰り返さないように肌代謝を上げてニキビ跡を残さないようにケアをしていかなければいけません。

★思春期ニキビとは?

思春期ニキビとは、10代の思春期にできるニキビのことです。成長期に皮脂分泌が過剰になることが主な原因と言えます。13歳から18歳頃までの思春期は、第二次成長期の変化として、男性ホルモン(成長ホルモン)の分泌量が増加します。この男性ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されます。この時期は急激に皮脂分泌量が増えるため、毛穴からの排出が追いつくことができません。そのため、排出しきれずに残った皮脂は、古くなった角質などと混ざり毛穴に詰まりやすくなり、その毛穴の中でアクネ菌が繁殖しやすくなってしまうのです。そのため、炎症性のニキビができやすくなってしまいます。第二次成長期が終わり、男性ホルモンの分泌が落ち着く20代前後には、思春期ニキビは自然にできなくなり終わりを迎えます。

大人ニキビと思春期ニキビの相違点

★大人ニキビと思春期ニキビは発生する場所が違う

大人ニキビはUゾーン、思春期ニキビはTゾーンにニキビができやすい特徴があります。
まず大人ニキビですが、Uゾーンと呼ばれる、顎や口周り、フェイスラインにできやすいです。また、大人ニキビの原因は皮脂の過剰分泌だけではないため、皮脂腺の少ない部分、たとえば首筋に欠けても発生することがあります。

一方、思春期ニキビは、額から鼻にかけてのTゾーン、つまり、こめかみ、頬骨のあたりなど、皮脂腺の多い部分にできやすくなります。特にTゾーンの毛穴の数は、顔の他の部分に比べて約7倍もあるので、皮脂分泌がとても活発でニキビができやすいといえます。

★大人ニキビと思春期ニキビは改善方法、治療方法が違う

大人ニキビと思春期ニキビは原因が異なっているので、その対処方法も変わってきます。それらを悪化させないために正しいケアを行うようにしましょう。
まず、大人ニキビの場合は、その原因が複合的に関わって発生しています。ですから、お肌だけでなく、心身の調子も整えなければ完治することはできません。食生活や睡眠不足、飲酒や喫煙など、まず生活習慣を見直すことがとても重要です。さらに、ストレスを解消することも大人ニキビの改善につながります。

では、思春期ニキビの場合はどのように改善することができるでしょうか?思春期ニキビは、成長期のほんの数年間だけ発生します。ほとんどの方が20歳前後までには自然に発生しなくなってきます。しかし、自然に治るものだからと、放置しておくことはできません。なぜなら、思春期ニキビは炎症を起こすことが多く、それが治ったとしてもニキビ跡が残ってしまう可能性があるからです。しかし、思春期ニキビは、成長に伴いみられる現象なので、根本的な改善方法や治療法というものはありません。お勧めの方法としては、塗り薬や飲み薬を使用し、悪化を防ぐ対症療法を行うことができます。特にビタミン剤の服用をするなら、皮脂分泌を抑えることができます。それらに加え、皮脂対策としてスキンケアを行うこともとても重要です。こまめに洗顔をして、皮脂を洗い流すようにしましょう。そして、皮脂分泌を抑える化粧水や保湿剤でケアをしていきましょう。市販されているニキビ薬も、思春期ニキビ用のものは皮脂分泌を抑え、毛穴周辺を乾かす成分が含まれているので対策として使用することができるかもしれません。

男性のニキビの原因