ニキビのケアをしても改善が見られない場合はアレルギーが原因かもしれません

ニキビとアレルギーの関係

ニキビとアレルギーの関係は?

★アレルギーもニキビの原因

男・彼氏の大人ニキビケア 主にニキビは生活習慣、ストレス、食生活、ホルモンバランスの乱れなどが原因になることはみなさんもご存知のことでしょう。しかし、あまり知られていませんが。食物などによるアレルギーもニキビの原因となることをご存知でしたか?

★ニキビにはさまざまな要因がある!

本来ニキビは皮脂が多く分泌することによって発生すると理解をしている人たちが多いことでしょう。しかし、大人ニキビの場合は、乾燥肌がニキビを作り出すことも原因の一つとして挙げられています。過剰皮脂分泌がニキビの原因と追っていても、それは角質の水分不足により皮脂が過剰分泌されているのであり、肌の乾燥も大いに影響しているのです。さらに、生活習慣、ストレス、食生活、体質、ホルモンバランスの変化、間違った化粧品の使い方などなどさまざまな要因が大人ニキビの原因となります。それに加え、あまり知られていませんが、ニキビができる要因としてアレルギーも含まれています。

さまざまなアレルギー

★「遅延型アレルギー」とは?

生活習慣も改善し、ストレスのない生活を心がけ、正しい洗顔も毎日行っているのに、ニキビが改善されないという方は、アレルギーが原因でニキビができている可能性が考えられます。では、アレルギーによるニキビとはどのようなものなのでしょうか?まず考えられるのは、食物アレルギーによるニキビです。一般的に食物アレルギーと言えば、食べた後すぐにかゆみやじんましん、呼吸困難などの症状が起き、命に関わることもある「即時型アレルギー」というものがあります。
一方、あまり知られていない食物アレルギーの「遅延型アレルギー」というものがあります。このアレルギーは、食べてから数時間~数週間後に症状が出ます。そして、即時型アレルギーとは異なり、命に関わることはありませんが、頭痛、めまい、うつなどの精神神経症状や、便秘、下痢などの腹部症状、肌荒れ、ニキビ、皮膚炎などの皮膚症状などを引き起こします。もしニキビ対策をきちんとしているのにニキビがずっとでき続けているようなら、遅延型アレルギーの可能性が高いと思われます。発症までに時間がかかるので、食べ物との関連性を自分では特定するのが難しいという難点があります。しかし最近では、遅延型アレルギーの検査を受けられる病院が数は限られていますが、日本でも受けることができます。気になる方は病院でアレルギー検査を受けることをお勧めします。

★アレルギーは食べ物以外もあるか?!

アレルギーは食べ物以外でも引き起こします。ニキビの原因として考えられるのは、化学繊維アレルギーや、金属アレルギーなどです。アレルギー症状は人それぞれで個人差があります。化学繊維アレルギーや金属アレルギーと言えば、肌に触れた部分が赤くかぶれる症状をイメージするかもしれませんが、かぶれまでしなくても、気づかないうちに少しづつ刺激を受け、ニキビの原因となっている場合もあります。もし冬などの季節を限定にニキビができやすいという方は、化学繊維アレルギーの可能性があります。衣類や寝具などを見直してみることをお勧めします。

ニキビ対策を!

★花粉アレルギーはニキビに影響するか?

春になると多くの方が悩まされるのが花粉症です。花粉症はみなさんもご存知の通り、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目の充血、かゆみなど鼻と目が関係している様々な症状を引き起こします。しかし、この花粉症もニキビを引き起こす原因の一つになっていることをご存知でしたか?アレルギーがすべてニキビにつながるわけではありませんが、花粉症もさまざまな症状にプラスされてニキビ発生率が高くなってしまうのです。たとえば、大人ニキビは乾燥が原因で起こる場合もあります。そのような乾燥で皮膚バリアが破壊されてしまったところに、花粉症というアレルギーが重なりニキビが悪化することも考えられます。また、かゆみや赤みなどが肌に表れて、そのような状態を続けてしまうなら、毛穴が細くなったり、開いたりしてしまいます。そして、そこへ皮脂や汚れなどが溜まって、 細菌の居心地のいい環境を作り、そして容易にニキビが作られるようになってしまうということもありえます。

★アレルギーをすでに抱えているなら注意したいこと!

アレルギーをすでに抱えている方は、正しい洗顔やニキビケアを必ずおこないましょう。もし間違った方法で行っているなら、ニキビ以外に「肌荒れ」や「赤ら顔」などの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。もし肌が乾燥しているなら、しっかりと保湿を行ってください。なぜなら、乾燥している肌は、バリア機能が低下しており、アレルギーなどの外的ダメージを受けやすいからです。そのような外的ダメージに敏感になっている肌は、痛みやかぶれを引き起こす場合もあります。ですから、肌をしっかり保湿し乾燥や外的ダメージから守りましょう。また、アレルギーの方の肌は、抵抗力が弱いだけでなく、肌が固くなりやすい特徴もあります。そのため、皮脂が詰まりやすく、ニキビが発生しやすい環境を作ってしまいます。さらに、ニキビが炎症を繰り返すとそれは悪化し、ニキビ跡になる可能性もあります。もしアレルギーをすでに抱えているなら、肌の保湿と、清潔に保つことに気をつけながらニキビ対策を行っていきましょう。

正しいニキビ予防をしていてもニキビの改善が見られない場合は、アレルギーの可能性が高いと思われます。医療機関を受診し専門家に相談してみましょう。

男性のニキビの原因