ニキビのようで実際は異なる偽ニキビについてご説明します

ニキビがイボになってしまった

ニキビがイボになってしまった

★偽ニキビとは

男・彼氏の大人ニキビケア ニキビを早く治すために、また、なかなか治らずに跡が残ったりするニキビを早く治そうとしてさまざまなケアをする方も多いことでしょう。ところが、ニキビだと思っていた症状が、まったく異なる「偽ニキビ」の場合があるのです。そうなると、ニキビだと思っていたケアが、かえって逆効果となり重傷な症状になってしまうこともあります。普通のニキビのようで実際は異なる偽ニキビとは何なのでしょか?

★保湿のし過ぎで発生するニキビに似た「偽ニキビ」とは?

ニキビを治そうと保湿クリームを塗ったら、かえってニキビが増えてしまったということはありませんか?ニキビが治らないため、殺菌効果の高い石鹸で洗顔したり、保湿パックを行ったりしたら、余計にブツブツが広がり、肌が腫れてしまったということはありませんか?保湿そのものは悪いことではありません。ニキビを予防するためには保湿は重要なことです。しかし、このような症状が見られるのは、保湿をする際に偽ニキビに触ってしまったのが原因だったのです。それは、「扁平(へんぺい)イボ」です。扁平イボは、触ることでほかの場所にも広がってしまうのです。見た目がニキビとよく似ているこのイボ、どのように見分けることが出来るでしょうか?

扁平イボ

★ニキビか?扁平イボか?その見分け方とは?

イボは、HPV(ヒトパピローマウィルス)と呼ばれるウイルスが原因で発生します。このウイルスは、表皮の一番深い部分にまで潜り込み、そして、周囲の細胞にまで入り込みます。そうして感染した細胞が肌の表面に現れたものが、扁平イボなのです。イボの表面には、HPVがいるので、イボに触れた手が別の場所を触ることでどんどん広がっていきます。このイボは、平べったく盛り上がるのが特徴でニキビとよく似ています。どのように見分けることができるでしょうか?見分けるポイントは、「色」と「形」です。イボは、触わることで広がるので、だ円や線状の形をしている特徴があります。イボの初期は肌の色に近い色で、しだいに茶色くなってきます。そして大きさは、2~3ミリから1センチ程度あります。一方ニキビの場合は、初めは白く、その後毛穴が炎症によって赤くなっていきます。

★扁平イボとは?

ニキビと間違えやすい「扁平イボ」は、HPV(ヒトパピローマウィルス)は、手から感染しやすいので手洗いが一番の予防法です。また、家族のだれかに扁平イボができたら、タオルを共有しないことはとても大切です。扁平イボの治療法は、液体窒素を使って、イボを冷やすことで皮膚の表面組織を壊死(えし)させ、新しい細胞を再生させる治療が一般的に行われています。もし治療をするのが遅れてしまうと、1回で治すことは難しく、何回か治療を重ねていく必要がでてきます。

★なぜ顔に扁平イボができるのか?

ニキビがイボになるということはありません。しかし、ニキビと扁平イボはよく似ています。そのため、ニキビがイボになってしまった!と勘違いをする方も少なくありません。でも、どうして顔にニキビによく似たイボが発生するのでしょうか?扁平イボの原因、HPV(ヒトパピローマウィルス)は100種類以上もあると言われています。顔にできるこの扁平イボは、1~2週間で自然と消えてしまう場合もありますが、放置しておくのは厳禁です。ひどい場合は、どんどんと増殖してしまうので、見つけたらすぐに医師に相談することをお勧めします。市販のイボの治療薬も多く販売されていますが、病院へ行くよりも手軽で安いからと安易に手を出すことは避けましょう。病院での治療はさまざまあり、治療方法や受ける人の体質によって効果も異なってきますので、保険が適用されるかどうかも合わせて、専門医に相談をしてみましょう。

イボができないための予防法とは?

イボに確実な予防法やワクチンなどは、今のところありません。しかし、発生リスクを減らすために出来ることはあります。

1、小さな傷にも注意すること!

ウイルス性のイボのほとんどは、皮膚の表面にできた傷からウイルスが進入することにより発生します。ですから、傷を作らないことがイボ予防へとつながります。

2、保湿

イボが出来やすい人は、肌が乾燥している人と言われています。、低刺激で無香料など肌に優しいもので保湿をしていきましょう。

3、肌を清潔に

肌が不潔だとウイルス進入のリスクが高まりますので、常に肌は清潔な状態を維持しましょう。不潔なタオルで顔を拭くこともとても危険です。また、枕カバーや寝具なども清潔な状態を保つようにしましょう。

4、免疫力を高める

免疫がしっかりと働いていればウイルスが進入しても感染を防げることができます。免疫力を向上させるために、規則正しい生活を行い、バランスの摂れた栄養のある食事を摂取するようにしましょう。

5、紫外線対策

紫外線によるダメージは肌に大きな負担を与えます。しっかり日焼け止めで紫外線対策を行うようにしましょう。

ニキビと扁平イボは見た目がよく似ています。ケアをするときには、よく確認をしてから症状に合ったケアをおこなうようにしましょう。

男性のニキビの原因