栄養バランスが取れた食事をすればニキビを改善できます

ニキビは食生活で改善する

大人ニキビは食生活で改善する

★食生活の見直し

男・彼氏の大人ニキビケア ニキビ対策にもさまざまな手段がありますが、普段の食生活を見直すことも、ニキビを改善する方法の一つです。特に、偏食傾向があり、外食が多いという方は、少し見直すだけでも大きな改善を見ることができるかもしれません。

★大人ニキビを増やしてしまう食事や食べ物とは?

ニキビは皮脂の過剰分泌が原因となり発生します。肌の表面にできるものですが、身体の内面と密接な関係があります。ですから、普段の食生活が直接ニキビの原因となるのです。では、どんな食事がニキビを増やしてしまうのでしょうか?肉や揚げ物などの脂っこい食事や、ケーキなどの甘いお菓子などは皮脂の分泌を促します。もちろん、脂肪分や糖分も体に必要なものですが、適量を超え摂りすぎてしまうなら、皮脂の過剰分泌を引き起こし、ニキビが発生してしまいます。しかし、実は特定の食べ物とニキビとの関係は明確でないとされていて、一般的には特定の食べ物を極端に制限する必要はないと言われています。でも、動物性脂肪や糖質は皮脂の主成分の一つであるTG(トリグリセリド)の増加につながるので、なるべく避けておいた方が無難でしょう。また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインはビタミンB 群の吸収を低下させます。また、アルコールは糖分を多く含んでいるものがほとんどで、飲みすぎると皮脂腺を刺激しますので飲みすぎには気をつけましょう。ただ、何かをむやみに我慢するとそれがストレスになり、かえってニキビができてしまう原因となってしまうことがありますので、無理のない範囲で気を付けることをお勧めします。

ニキビに有効な栄養素とは?

ニキビを増やしてしまう食事がるなら、ニキビを減らす食事ももちろんあります。できてしまったニキビを抑えてくれる栄養素はたくさんあります。

★ビタミンA

にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、しその葉、うなぎ、レバーなどがあります。これらは、毛穴の詰まりを解消し、お肌のターンオーバーを促すしてくれる働きがあります。また、皮膚や粘膜のうるおいを保つ効果もあります。

★ビタミンB2

卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類などを挙げることができるでしょう。角化を調整して、皮脂の分泌を抑制してくれます。また、肌の状態を正常に保つよう促してくれます。もしビタミンB2が不足してしまうと皮脂の分泌のコントロールができなくなり、肌の免疫力が低下し、ニキビができやすくなってしまう状態になってしまいます。

★ビタミンB6

まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにくなどがあります。新陳代謝を促し、新しい肌の細胞や形成に必要な栄養素です。また、ビタミンB2と一緒に皮脂の分泌を抑制する働きをします。

★ビタミンC

ピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜、果実、芋類などに多く含まれています。お肌に必要なコラーゲン線維の生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用で肌を美しく保つためには欠かすことができません。古い皮脂が新しい皮脂に生まれ変わるのを助けてくれるので、ニキビが解消されます。

★ビタミンE

レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜などに含まれています。高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を改善する役割があります。ビタミンCとの相乗効果が高いので、肌には欠かすことができない栄養素です。

★ミネラル

ミネラルには、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどさまざまなものが含まれます。これらはホルモンのバランスを整えて、お肌のターンオーバを正常なものに整うよう促進してくれます。ただ、継続的に過剰摂取が続くと貧血や免疫力の低下を招いてしまう恐れがありますので注意しましょう。これらが含まれている食材には、チーズ、牛乳、キャベツ、にんじん、いちご、穀物、昆布、牡蠣、カシューナッツなどがあります。

★食物繊維

豆類、きのこ類、海藻類などに多く含まれています。 食物繊維は一見ニキビとは関係なさそうなイメージがありますが、身体の老廃物を外に出して身体の調子を整えてくれる働きがあるので、ニキビ対策には効果的栄養素です。

ニキビ対策のメニュー

★ニキビ対策メニューでニキビを改善&予防しよう!

上記の栄養素を効果的に摂取することを考慮にいれると、ニキビ対策メニューとしては、鶏の水炊きや魚介を中心とした鍋ものがお勧めです。鍋やスープにするなら、水溶性のビタミンCでも効率よく栄養素を摂取することができますし、生で食べると体を冷やしてしまいがちな野菜もたっぷり摂取することができます。ビタミンCは体内に蓄積することができないので、一度に多く摂取してもすべてを吸収することはできません。ですから、毎日コツコツ摂取していくようにしましょう。それとは対照的に、脂溶性のビタミンAやEは、油で炒めて調理すると効率よく吸収することでき、さらに体内に貯えることができる栄養素なので、外食が続いたなど食事の栄養が偏ってしまったときにたくさん摂取するとよいでしょう。タンパク源としては、皮脂の分泌を増やさないように牛や豚よりは鶏肉や魚、また大豆製品を摂取することをお勧めします。また、洋食よりも低カロリーで脂肪分も少ない和食がニキビ対策にはベストでしょう。

栄養バランスの摂れた食事をするならニキビをを改善することができます。もし食事で補うことが難しい場合は、サプリメントを利用することも一つの方法です。是非、食生活をもう一度見直して、ニキビレスの肌を目指しましょう。

男性のニキビの原因